めっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングを行うやり方

効果的に痩せたい!という方におすすめなのがファスティングです。めっちゃぜいたくフルーツ青汁で痩せやすいといわれているファスティングのやり方をご紹介します。

 

<ファスティングをすることでの効果などは?>
そもそもファスティングとは名詞形「Fasting」です。英語の「Fast」=「断食する」という意味をもちますがここでのファスティングは完全な断食ではなく、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲み必要なエネルギーは摂りつつ行います。

 

断食というと過酷そうなイメージも強いですが一定の期間は体に負担になりやすいものは摂らずに老廃物などを出し体のリフレッシュすることができます。

 

ファスティングを行うことでこのような効果があります。
@脂肪などに溜まっている毒素を排出できる。
A皮下脂肪が落ちるので体重が落ちます。
B溜まっていた宿便が出ることで老廃物なども取り除けるので大腸がきれいになります。
C病気も治りやすくなります。
D臓器を休ませることができ、肝臓もきれいになります。
E免疫力が高まります。
F血液もサラサラになります。
G味覚が敏感になるので食べ物が前より美味しいと感じられます。

 

このような効果を得られますので無理なくファスティングを行うことはオススメといえます。即効性もあるといわれていますので痩せなければいけないという方にはおすすめです。

 

<めっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングをするやり方は?>
ファスティングのやり方はまず準備期、そして断食期、最後に回復期という流れになっています。

 

週一回や月に一回程度行うことでダイエットや健康に効果があります。

 

@準備期は断食期の前日にこれからファスティングを行うのでそれに備えて通常の食事よりも軽い食事を摂りましょう。
A断食期は1日から3日間で食事を三食摂る代わりにめっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲みます。固形物は摂らないようにします。水分だけはしっかりと摂るようにしましょう。
B回復期は断食期を終了した翌日におかゆを食べることで胃腸をいたわるようにします。いきなり通常の食事を摂ると胃腸に負担がかかってしまいます。

 

<めっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングを行う際の注意は?>
めっちゃぜいたくフルーツ青汁は一杯で11.7kcalと低カロリーなので中には低血糖でふらついたり、動悸などの症状がでることもあります。

 

初めてファスティングを行う際には無理をせずに半日や1日程度から始める負担も少ないです。

 

また痩せたいという気持ちがあったとしても元々から痩せすぎている方や生理中、妊娠中、臓器障害、糖尿病の方はおすすめできません。

 

成長期の中学生以下の方、60歳以上の方もおすすめできません。この他にも何かの持病を持っているという方などがいればかかりつけの医師に相談をしてからファスティングを行うことをおすすめします。

 

また痩せたいからといって3日以上を超えるファスティングはやめましょう。ファスティング中でも無理だと思ったらすぐにやめてください。

 

ファスティングは良い効果も得られますが無理をして体調を崩すと意味がないので無理はしないで行ってくださいね。

 

<「めっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングを行うやり方」のまとめ>
今回はめっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングを行うやり方や注意点などをご紹介しました。ファスティングは通常の断食よりも挑戦しやすいですし行った後に得られる良い効果も嬉しいものばかりです。

 

痩せたいと願う方にとっては即効性もあり、短期間で効果を実感したい方やどうしても決まった日までに痩せなければいけない方におすすめです。

 

ファスティングを行う歳には自身の体調などを考慮したうえで行うようにしてくださいね。無理をすることはおすすめできません。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁でファスティングをして痩せよう!
興味のある方は公式サイトをご覧ください。