ヨーグルトでのファスティングダイエットの方法

ファスティングダイエットってこれでも出来ちゃうんです。そう、それは「ヨーグルト」です。酵素ドリンクでなくても実は出来るんです。

 

今回はヨーグルトでファスティングダイエットを行う方法をご紹介します。

 

ヨーグルトでファスティングダイエットを行う際の注意点やポイント、やり方を順番にお伝えしますので参考にしてくださいね。

 

 

<ヨーグルトでファスティングダイエットとは?>
口コミでも痩せた!と人気のヨーグルトでファスティングダイエットは月に1回を目安に2日間をヨーグルトと水分で過ごすファスティングダイエットです。

 

ファスティングダイエットのファスティングとは断食という意味を持ちますが全く何も口にしないという本来の断食とは違います。

 

ヨーグルトでのファスティングダイエットは基本、「ヨーグルト」と「水分」ですが2日目は制限はありますが簡単なものも食べられるそうです。

 

ヨーグルトそのものがとても体にいいと言われていますしヨーグルトでのファスティングダイエットで減量ができているそうなのでぜひ、試したいですね。

 

<ヨーグルトでファスティングダイエットの方法は?>
ヨーグルトでのファスティングダイエットは月に1回で2日間という短期間でも効果があるんです。

 

ファスティングダイエットを行う前日は食べる量を腹八分目に抑えて明日に備えて準備しておきましょう。

 

1日目は3食の基本はもちろん「ヨーグルト」です。それにプラス豆乳や野菜ジュースを飲めます。

 

ヨーグルトの目安の量は1食あたり100〜150gで豆乳や野菜ジュースは200?400mlです。

 

これを1日目は3食同じようにします。2日目の朝と昼までは1日目と同じようにします。
2日目の夜はおかゆと具なしの味噌汁を食べます。

 

3日目の朝まではおかゆと具なしの味噌汁で食べてようやく3日目の昼食からは普通通りの食事を摂れます。ただし、普通に食べることができるといってたくさんの量や脂っこいものを摂ればヨーグルトでのファスティングダイエットの成果が台無しになるので気を付けてくださいね。

 

<ヨーグルトでファスティングダイエットでの空腹を紛らわすには?>
空腹感を紛らわすにはやはり「炭酸水」がおすすめです。炭酸水にレモンを入れることで脂肪の燃焼に効果があります。

 

炭酸水は無糖のものにして一日1.5〜2L程度を飲むといいですよ。

 

<ヨーグルトでファスティングダイエットの注意点6つ!>
@ヨーグルトでファスティングダイエットを行っている最中に体調が悪いなと感じたらすぐに、やめるようにしましょう。

 

Aファスティングダイエットを途中でやめる場合には回復食の時のように、おかゆから食べるようにして体への負担をかけないようにしましょう。

 

Bファスティングダイエットは2日くらいにしておきましょう。1週間続けたりすることはやめてくださいね。2日でも効果はあるので心配いらないですよ。

 

Cファスティングダイエット前や後には油っこいものは避けるようにしましょう。和食中心にすることやしっかりと噛んで食べることで満腹感もえられます。食べすぎはリバウンドの原因になるのできをつけましょう。

 

Dファスティングダイエット中はゆったりと過ごすようにしましょう。激しい運動は疲れや空腹の原因になりストレスを感じるかもしれません。この機会にゆったりとした時間を過ごして有意義なものにしてくださいね。

 

Eファスティングダイエット中に頭痛があったら、はちみつや黒糖といった糖分を少し口にしてみてください。我慢できないほどの頭痛の場合はファスティングダイエットをやめましょう。無理をしてはいけません。

 

<「ヨーグルトでのファスティングダイエットの方法」についてのまとめ>
今回はヨーグルトでファスティングダイエットをする方法や気を付けたいことなどについてお伝えしてきました。ファスティングダイエットといえば酵素ドリンクなどの飲み物のみというイメージもありますがヨーグルトでのファスティングダイエットも試してみたいですね。

 

こちらのヨーグルトでのファスティングダイエットの方が初めての方もあまり我慢せずに乗り越えられるかもしれませんね!

 

>>【めっちゃぜいたくフルーツ青汁】薬局で買えない?最安値で買う方法