ファスティングダイエット後の回復食がリバウンドしない鍵!

 

 

ファスティングダイエットを頑張って行って、もしリバウンドしてしまったら最悪ですよね。ファスティングダイエットにはどうやら守っておくべきことがあるようです。

 

今回はリバウンドしないためにもファスティングダイエットを行うにあたり重要な回復食に注目していきます。

 

ファスティングダイエットの回復食の時に食べるといいもの、そして避けておいたほうがリバウンドせずに済むものをお伝えします。ぜひ、ファスティングダイエットを回復食で成功させましょう!

 

<ファスティングダイエットを成功させる鍵は「回復食」にあり!>
ファスティングダイエットを成功させるには回復食に気を付けることが大切です。

 

ファスティングダイエットをするにあたり守ってほしいことの一つがファスティング(=断食)の期間です。長くとも3日までにするようにしてください。

 

完全な断食ではないもののファスティングダイエットを長くしても体に負担をかけることになりますのでその点は守ってくださいね。

 

そしてファスティングダイエット後の「回復食」こそが成功するかしないかを左右するとも言えます。

 

ファスティングダイエット中は酵素ドリンクや水といった飲み物だけで過ごすので空腹ですよね。その状態から普段の食生活に戻すにはやはり段階を踏んでいくことが大切なんです。

 

ファスティングダイエットの日数と普段通りの食事に戻すには同じ日数を必要とします。

 

<ファスティングダイエット後のリバウンドには注意が必要>
ファスティングダイエットは必要最低限の栄養を摂るだけなので体重も減りやすくなります。

 

ただ回復食の段階で高カロリーなものを摂ってしまえばリバウンドの原因になってしまうので注意が必要です。

 

リバウンドをしないためには回復食の時に食べるものがとても重要です。短期間のファスティングダイエットですがそれに伴い胃も小さくなっていますので食べる量や食べるものには気を使わなければいけません。

 

<ファスティングダイエット後におすすめなもの、ダメなもの>
ファスティングダイエットを頑張ったからご褒美に美味しいものを食べたい!ということを欲求のまま実行してしまえば見事にリバウンドしてしまいますのでそこは体のためと思い我慢しましょう。

 

おすすめなものとしては「おかゆ(重湯)」です。おかゆは確かに質素なものですがファスティングダイエット後の回復食には最適なんです。少量でも水分を多く含んでいるので満足できますし、腹八分目くらいで食べるのをやめておきましょう。

 

回復食の一食目は特に「重湯」をおすすめします。二食目以降も「おかゆ」と具なしのみそ汁などがおすすめです。

 

二日目以降も「おかゆ」とスープ類、そして野菜などを摂っていくのがいいですよ。ファスティングダイエットを二日行えば二日間は回復食を行い、徐々に固形のものを増やすと体に負担がかかりません。

 

ファスティングダイエット後にダメなもの、それは高カロリーなものです。肉や魚、卵、乳製品、お菓子、パン、カフェインの入っている飲み物は回復食中には不向きですのでやめておきましょう。

 

<ファスティングダイエット後の回復食の注意!>
ファスティングダイエット後の回復食は慎重にバランスよく、ゆっくり噛んで少量を食べましょう。

 

ファスティングダイエットの日数と同じ日数だけ回復食を行いましょう。その後にようやく普通の食事を摂ることができますが食べすぎには注意してくださいね。

 

炭水化物を摂りすぎないよう注意をしたり、味付けなども濃くしすぎないようにしましょう。
ファスティングダイエット中は胃腸を休ませている状態です。消化する力も落ちているので回復食が必要になります。この回復食を行うことはファスティングダイエット後には欠かせないものですので気を抜かずにやってくださいね。

 

<「ファスティングダイエット後の回復食がリバウンドしない鍵!」のまとめ>
今回はファスティングダイエット後の回復食に注目してみました。ファスティングダイエットはしっかり行えば体重を減らせ、体にもいいことがいっぱいです。

 

ファスティングダイエットを成功させるには「回復食」が重要ですのでこれから、やってみようと思っている方はぜひ回復食も気を抜かずにやってくださいね。

 

>>【めっちゃぜいたくフルーツ青汁】薬局で買えない?最安値で買う方法