MENU
妊娠後期は栄養不足が原因で足がつりやすい!
足りない栄養分はサプリで補給!1日あたりたった60円の葉酸サプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


妊婦さんはよく足がつる!原因は何?

妊娠すると様々な体の変化に戸惑うことも多いですよね。

 

中でもお腹が大きくなる妊娠後期になると、夜寝ているときに突然ピキーンと足がつって激痛のあまり起きてしまう妊婦さんも多いと思います。

 

起きてからもしばらくは足が痛いし、寝不足にもなるし、毎日のように続くと泣きたくなってきますよね。

 

 

 

この足がつる現象は「こむら返り」ともいい、筋肉が急に収縮して固まってしまう状態で、激しい痛みを伴います。

 

これは性別や年齢に関係なく誰にでも起こる症状です。

 

 

 

ではなぜ妊娠中、特に妊娠後期の妊婦さんに足がつることが多くなるのでしょうか?

 

その原因について調べてみました。

 

 

 

・ミネラルやビタミンが足りないことが原因!?

 

カルシウムやマグネシウム等のミネラル分やビタミンが足りないと、足がつりやすくなると言われています。水分の不足にも注意が必要です。

 

妊娠中は赤ちゃんにも沢山の栄養を送るために血液の量が増え、必要となるミネラルやビタミンの量も増えます。

 

そのため、非妊娠時と同じ食生活ではどうしても不足しがちになってしまうのです。

 

 

 

・足の筋力低下や血行不良が原因?

 

妊娠後期になると赤ちゃんもたいぶ大きくなり、ママさんの体重も増えるので歩くだけでも一苦労ですよね。

 

活動範囲が狭まることでだんだんと運動不足になり、足の筋力が低下していってしまいます。

 

また、大きくなったお腹が下半身を圧迫することで血流が悪くなってしまうのです。

 

このように、筋力低下や血行不良によってミネラルやビタミンが上手く足に補給されなくなってしまいます。

 

 

 

・骨盤の緩みが原因?

 

お腹の赤ちゃんが大きくなることにより、ママさんの骨盤が押し広げられ緩みが生じます。

 

骨盤が緩むと足の筋肉が外側へと引っ張られるのですが、それを戻そうと筋肉が収縮運動を起こします。

 

この収縮時に筋肉が上手く元に戻らず、固まってしまうと足がつった状態になってしまうのです。

 

 

 

 

 

寝ているときは水分不足や下半身の血行不良に陥りやすいため、足がつりやすくなるのですね。

 

 

 

妊婦さんの足がつるのはある程度は仕方がないことですが、痛みに耐えながら妊娠生活を送るのは本当に辛いですよね。

 

足がつる原因を理解して、上手く解消していきましょう。